ダイヤモンドは希少な鉱物|業者に任せて高額エクスチェンジ

便利な査定サービス

査定方法の種類と特徴

Earrings

代表的なダイヤモンドの買取査定の方法としては、店頭査定、出張査定、郵送査定があり、それぞれに特徴があります。 店頭査定は文字通り宝石店の店頭までダイヤモンドを持って行き、査定してもらう方法ですが、ダイヤモンドを持ち歩くのが少し不安になるというデメリットがあります。ただし、少量であれば、一日でいろいろな店頭を回り、査定額を業者ごとに比較できるというメリットがあります。 次に出張査定ですが、宝石店の買取スタッフが家まで訪れ査定してくれます。ダイヤモンドを持ち歩く必要が無いため、大量の買取を希望する際は便利ですが、実際に自宅まで来てもらう必要があるため、査定を依頼する業者を絞り込む必要があります。 最後に郵送買取ですが、宝石店にダイヤモンドを郵送し、査定してもらいます。店頭まで行く必要が無いため、便利な査定方法と言えますが、査定額に満足できない場合、返送してもらうなど、査定に日数がかかってしまうのがデメリットと言えます。 査定にはそれぞれ特徴がありますので、これらを踏まえた上で、最適な方法を選択しましょう。

査定の前にはメンテナンスが重要

ダイヤモンドの買取の際に、ダイヤモンドを保管や使用していた状態のまま査定してもらう人がいますが、ダイヤモンドは汚れや、細かい傷がつきやすいため、査定の前には必ず専用の布巾や洗剤で磨くようにしましょう。 宝石店の買取スタッフは、鑑定書などをチェックして、カットの形状や透明度などから、ある程度の査定額を提示することはできますが、必ず現在の状態をチェックします。そのため、表面にほこりや汚れが付着していたり、細かな傷がついていると、非常に印象が悪く査定額を大きく減額されてしまう場合もあります。 宝石店に行けば、専用のメンテナンス用具を手に入れることができますので、査定の前にはダイヤモンドの表面だけでも磨いておきましょう。